早大生ワセドリの部屋

ワセドリの部屋

学生による学生に向けたブログ

                  MENU

金持ち父さん貧乏父さん <3分でわかる!>

f:id:wasedori:20200503173520j:image

イッキツウカン!

TOEIC絶賛勉強中!ワセドリです。

 

今回は「金持ち父さん、貧乏父さん」を紹介します。

 

「金持ち父さん、貧乏父さん」は全世界で2800万部、日本国内で380万部を記録した、ロバート・キヨサキ著の大ベストセラー自己啓発本

 

全世界の上位5%だけが知る、お金についてのルールをまとめた本です。

 

お金持ちになるための秘訣が分かりやすくまとめられています。

 

早速詳しく見ていきましょう!

 

 

おおまかなあらすじ

 

一生懸命勉強して、いい大学に入り、いい仕事につけばお金持ちになれる

多くの人がこのような考え方を持っていると思います。

お金を得るために学校で勉強して、いい仕事に就く。そうすれば幸せになれる。

 

しかし、これは貧乏な人の考え方と金持ち父さんは主張します。

 

お金持ちはお金のために働かない。お金を自分のために働かせる。」と金持ち父さんは豪語します。

さらに、「学校の教育ではお金持ちになることはできない。」とまで言います。

 

ではどうすればお金持ちになれるのでしょうか?

 

そのためには金持ち父さんの3つのポイントを知る必要があります。

 

 

金持ち父さんのポイント

金持ち父さんの中で核となる3つのポイントを紹介していきます。

 

1.ラットレース

f:id:wasedori:20200503173713j:image

 

金持ち父さん曰く、多くの人間がこの「ラットレース」に陥っています。

ラットレースから抜け出さなければ、永遠にお金を得ることはない。

これが金持ち父さんの主張です。

 

その主張を理解するためには、ラットレースがどのようなものなのか知る必要があります。

 

早速解説します。

 

ラットレースとは?

ラットレースとは、多くの人が直面している出費と収入のサイクルのことです。

 

人間はお金を持たないことの恐怖から働きます。

家賃、カードの返済、車のローンなどでお金はたくさん必要です。

これらを払うために、人間は必死になって働きます。

 

必死になって働くと、多くの場合、収入が増えます。

 

収入が増えるととても嬉しいので、人間はさらにいい物を買おうとします。

より大きな家や、いい車などたくさんの物。

 

収入は増えましたが、出費も増えました。

 

そのため、さらに頑張って働こうとします。

頑張って働いたので、収入は増えます。

しかし、子供の教育費や生活費でさらに出費が増えます。

 

収入が増えても、出費も同じく増えるので、一向にお金がたまりません。

これが、金持ち父さんの言う「ラットレース」です。

 

ラットレースから抜け出すには、他にいい方法を探す必要があります。

 

その方法とは、資産を得ることです。

 

次項で解説します。

 

 

2.「資産」と「負債」

f:id:wasedori:20200503173806j:image

 

 金持ち父さんはラットレースから抜け出すには、資産が必要と言います。

資産を得ることに人生を捧げること」を勧めます。

 

そのためには、「資産」と「負債」の違いについて知る必要があります。

その違いについて、早速紹介していきます。

 

その違いとは?

金持ち父さん曰く、

  • 資産はポケットにお金をいれる
  • 負債はポケットからお金をとる

だそうです。

 

多くの人が資産だと考えている「持ち家」はこのルールでは負債です。

なぜなら、固定資産税や住宅ローンでお金をポケットから取っていくからです。

 

支出を生む負債を減らし、収入を生む資産を増やす。 

これが金持ちになるための考え方です。

 

ここでの資産とは具体的に、投資・不動産・債券などです。

 

はっきり言って素人には難しいですよね?ワセドリもそう思います。

 

ゼロから資産を増やすためには、「知識」が必要不可欠だと金持ち父さんは言います。

 

この「知識」が3つ目のポイントです。

 

3.知識は力

f:id:wasedori:20200503173959j:image

 

資産を増やすためには、それについての知識が必要というのが金持ち父さんの意見です。

 

この知識はファイナンシャル・リテラシー(お金についての読み書き能力)と紹介されています。

 

具体的には、

  • 会計力
  • 投資力
  • 市場の理解力
  • 法律力

のことです。

一つひとつ説明すると長くなるので省きますが、要はお金のために勉強しろということです。

 

  1. お金のために勉強しその知識を蓄えれば、お金に対する恐怖心が無くなる
  2. 恐怖心がなくなれば、ラットレースから抜け出すことができる
  3. そして、知識を元に資産を増やすことができる

 

これが、金持ち父さんの本を通じての一番の主張であり、全てです。

 

 

感想

「金持ち父さん、貧乏父さん」 は教育を勧める本です。

これを読んだからといってお金持ちになれるわけではありません。

しかし、学校では教わらない「お金」に関する知識は、絶対に必要なものだと感じます。

お金に関する様々な知識は、資産運用だけでなく、ビジネスの場でも必ず生きてくることでしょう。

 

「金持ち父さん、貧乏父さん」では他にも実践するための方法や、行動する秘訣が書かれています。

ぜひ一度、目を通してみては??? 

 

 

 

ブログ村ランキング参加中!

↓面白かったらクリックを!↓ 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村